わきが対策徹底Navi » わきがを改善するための基礎知識 » 冬こそ対策が必要な理由

冬こそ対策が必要な理由

汗をかきやすい夏にだけ、わきが対策をすれば良いとお考えならば、それは大きな間違い。実は、夏よりも冬の方が、わきがの対策が必要なんです。

わきが対策が冬にも必要な理由とは?

わきがの主な原因は乾燥によるものと言われています。皮膚が乾燥していると、皮膚を潤そうとアポクリン腺が活性化するため、わきがのニオイは強くなります。そのため、より肌が乾燥しやすい冬の方が、わきがが強まる可能性が高いのです。

その他にも様々な理由がありますので、わかりやすく解説いたします。

1:ニオイは暖かい場所の方が感じやすい

夏はほとんどの人が汗をかいていて、汗のニオイや体臭によってわきがのニオイが紛れています。しかし、冬になると大半の人はあまり汗をかかなくなるので、わきがのニオイが目立ってしまうというわけです。

また、人間の嗅覚は、暖かいところから寒いところに移動した時よりも、寒いところから暖かいところに移動したときのほうが、ニオイに敏感になります。そのため、夏場よりも冬場のほうがニオイを感じ取りやすくなってしまうのです。

さらに、会社や学校・電車などの密室した空間では、空気の入れ替えがほとんど行われないため、ニオイがそこにとどまることになります。

2:寒い時期こそ基礎代謝が上がる

また、冬場に対策が必要な原因の一つとして、基礎代謝も挙げられます。

人間は恒温動物なので、季節に合わせて基礎代謝を上げたり下げたりして、恒常性を保っています。主に、気温の下がる冬に基礎代謝が上がるのですが、基礎代謝が上がると、わきがのニオイの原因であるアポクリン腺の働きが活性化されるのです。

アポクリン腺とは汗腺のことで、特に脇の下に多く集まっています。アポクリン腺から出た分泌液には、脂質やたんぱく質などの成分が含まれているのですが、表皮に分泌されると、表皮にいる常在菌によって成分を分解されてしまいます。この分解の際に発生するのが、わきが特有のニオイなのです。

寒い時期だからと、食事で基礎代謝を上げようとして、香辛料などを沢山摂取してしまうと、アポクリン腺が活性化し、ニオイが強くなります。わきがの人にとっては逆効果となりますので注意してください。

3:冬場の衣服はニオイがこもりやすい

強いニオイの原因には、冬場に着ている衣服にも関係があります。

夏は薄着で通気性がよい服を着ているので、ニオイが発生しても徐々に発散されていきます。しかし、冬は保温性が高く、通気性のない衣服を着こんでいるため、ニオイは外に放出されません。そのため、脇に停滞したニオイは濃縮され、強いニオイとなってしまうのです。

冬場でもなるべく通気性のよい服を着るなど、ニオイをとどめないようにすることが重要です。

冬のわきが対策は保湿がキーワード

まず、ニオイが気になるからと、安易に制汗スプレーを使うことはやめましょう。制汗スプレーを使うことで皮膚が余計に乾燥し、状態が悪化してしまいます。

では、どうすれば良いのかというと、ニオイ対策と保湿が同時にできるタイプのわきが対策用のクリームやジェルを使用するのがオススメです。ニオイケアはもちろん、原因を根本から解決することにも繋がります。

さらに、わきが対策専用の石鹸などで、脇をしっかり洗うことも大切ですが、できれば脇毛を剃ることもオススメです。

脇毛があると、わきがの原因となっている皮脂や汗を、しっかりと洗い流すことができません。また、脇毛があることによってニオイや菌が付着し、そこにとどまってしまうので、より強いニオイを発することになってしまうのです。また、クリームやジェルで保湿をする際も、無駄な毛がない方が、肌にピッタリと密着するため、効果が高いです。

男性にとっては抵抗があるかもしれませんが、冬場ならば脇が外に出ることも少ないので、ニオイが強い場合には、毛を剃るという方法も考えてみてはいかがでしょうか。

冬にもオススメな保湿ができるわきが対策クリームはコチラ

BEST3 Ranking
No.1
No.1

クリアネオ

星5つ
詳細はこちら
No.2
No.2

海露

星4つ
詳細はこちら
No.3
No.3

デオエスト

星3つ
詳細はこちら
こんな人はわきが体質かも?セルフチェック
 
わきが対策No1アイテムはこれ!
ページの先頭
もう悩まない!わきが対策徹底Navi