わきが対策徹底Navi » わきがを改善するための基礎知識 » 効果的な成分とは

効果的な成分とは

ワキの臭い対策に効果があるとされている茶カテキン、柿渋、ミョウバンについて調べてみました。

ワキの臭い対策に有効な成分とは?

ワキガの臭い対策で有名な成分に、茶カテキン柿渋ミョウバンがあります。これらは非常に消臭効果に優れていて、スプレーやクリーム、石鹸などの消臭製品に使われています。

ワキだけでなく、足、デリケートゾーン、加齢臭など、ほとんどの体臭に効果がある消臭成分です。

ここでは、この3つの成分について、少し詳しく調べてみました。

茶カテキン

茶カテキンお茶に含まれる渋み成分の一つで、ポリフェノールのフラバノール類に分類されています。抗菌、抗がん、抗ウイルス、抗酸化、消臭作用などに優れていることで有名です。

茶カテキンの50%は、エピガロカテキンガレートと呼ばれる成分で構成されています。エピガロカテキンガレートはカテキンの中でも特に殺菌力が高いと言われています。

柿渋

柿渋文字通り柿のシブのことで、実が青い時期にもっとも多く含まれています。

柿渋にはタンニンという成分が含まれており、強い消臭、殺菌作用があることで有名ですが、柿に含まれるタンニンの量は、ワインの20倍、緑茶の73倍とも言われています。

その優れた消臭効果は、加齢臭やワキの臭いの悩みを解決してくれます。

ミョウバン

ミョウバン日本では漬け物の発色剤、ラーメンのかんすいなどに使われている食品添加物です。スーパーや薬局で誰でも購入することができ、100程度で販売されています。

ミョウバンは、硫酸アルミニウムと硫酸カリウムが、硫酸塩のかたちで結ばれた複合塩です。市販のものは工場で合成されていますが、自然物としても採取できます。別府にはミョウバン温泉がありますし、古代ローマ人は制汗剤としてミョウバンを使用していたそうです。ミョウバンは、世界最古のデオドラント剤なのです。

皮膚の表面は酸性になることで雑菌の繁殖を防ぐことができます。そしてミョウバンは、水に溶けると酸性になる性質を持つため、ミョウバンで皮膚の表面を酸性にすれば、ワキなどの臭いを抑えることができます。他にも、収斂作用、臭いの元を消臭する作用などに優れ、万能の体臭消臭剤として重宝されています。

BEST3 Ranking
No.1
No.1

クリアネオ

星5つ
詳細はこちら
No.2
No.2

海露

星4つ
詳細はこちら
No.3
No.3

デオエスト

星3つ
詳細はこちら
こんな人はわきが体質かも?セルフチェック
 
わきが対策No1アイテムはこれ!
ページの先頭
もう悩まない!わきが対策徹底Navi